結婚式のご祝儀とは

結婚式のご祝儀の書き方は

結婚式のご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の書き方には、一般的なルールがあります。袋の表書きは、あらかじめ「寿」と書かれているものが一般的ですが、「御結婚御祝」や「祝御結婚」と書くのもOKです。下部中央には、自分の名前を書きます。筆もしくは筆ペン、太めのサインペンを使用して、ていねいな楷書で書きましょう。ボールペンや万年筆は避けるべきです。連名の場合は、右から年齢順に名前を書きます。年齢が同じ友人同士などであれば、五十音順にしましょう。中包みは、表面に金額、裏面に自分の住所と名前を書いてください。正しいご祝儀袋を用意して、恥をかくことのないようにしましょう。

式のご祝儀の書き方に関して

結婚式のご祝儀袋は外袋と中包みでワンセットです。外袋のおもての水切の上部に「寿」「御祝」などの文字を書き、水引の下に自分の名前を記入します。具体的な書き方は個人で持参する場合は水引の下の中央にフルネームで名前を記入します。連名で持参する場合は中央から左に、目上の人の名前から順に記入します。会社やグループ名の場合は中央に会社名やグループ名を書き、中に全員の名前を書いた紙を同封します。中包みのおもては金〇万円也と記入します。中包みのうらは自分の住所・名前を記入します。結婚祝いの水引は10本の結び切りを選びましょう。水引の色は金銀や紅白がいいです。ご祝儀袋は包む金額に見合ったものを選ぶといいですが、水引がプリントされたものは略式なので選ばない方がいいです。

↑PAGE TOP